ビールを飲む男性
お知らせ
    体の脂肪を気にする男性

    成人病は今では生活習慣病と呼ばれています。
    成人病の成人とは、いわゆる成人式の成人、つまり20歳のことを意味しているのではありません。
    ここではこの言葉は30代後半から50代後半の年齢層を指しています。
    個人差はありますが、一般的には働き盛りと表されることの多い年齢層です。

    この年齢になると仕事などが忙しくなり、ストレスを抱え込むことも多くなるので、片頭痛や神経痛などが起きることもあります。
    片頭痛や神経痛にはいくつかの種類がありますし、人によって痛みも個人差があるようです。
    片頭痛は治療薬で治すことができます。
    しかし、神経痛が絡んでくる場合ですと非常に辛い痛みを伴います。

    痛みに耐えられない場合には鎮痛効果のあるボルタレンで辛い神経痛を和らげましょう。
    ボルタレンは抗炎症薬なので痛みや炎症を和らげる効果があります。
    またボルタレンには鎮痛効果だけではなく、発熱を下げる効果もあります。
    ただ、ボルタレンは強い鎮痛効果があるぶん、服用に伴い胃痛が起こることもあるので長期服用の際は気を付けましょう。
    ネットの通販サイトでボルタレンは買えるため、偏頭痛持ちの方は前もって用意することをオススメします。

    鎮痛剤はボルタレンの他にもあり、セレコックスという医薬品もあります。
    どちらも通販でまとめ買いが可能ですが、セレコックスの方が錠数が多くお得という人もいます。
    昔からボルタレンを処方されていたという人はそちらを使用したりと、人によってセレコックスとボルタレンのどちらを選ぶかは異なります。

    話を戻しますが、成人病はかつては加齢による体の機能低下がいちばんの原因だとされていました。
    この年齢層になると、多かれ少なかれ体のどこかにガタがきて、それが原因で成人病が引き起こされると言う理解がされていたわけです。
    ところがその後、加齢による体の機能低下以上に、実は個人の生活習慣の積み重ねが物を言うと言うことが明らかになりました。
    つまり年齢はあまり関係なかったと言うことです。
    そのため成人病は生活習慣病と言う名称に変更されたと言う経緯があります。

    成人病に該当する病気としては、糖尿病、高血圧、高脂血病、肥満などが挙げられます。
    たとえば糖尿病は、現在ではこの患者数は300万人を突破しており、その予備軍である人の数も増加傾向にあります。
    食生活の欧米化、また交通の利便性の向上による運動習慣の減少などが原因だと言われていますが、これは何も中高年に限った話ではありません。
    それ以外の若い人にも当てはまることですし、最近、問題になっているのは子供にもこの患者数が増えてきていると言う現実です。
    口にするお菓子も高カロリーのものが増えてきていますし、外で遊ぶ機会が少なくなってきているのがその要因だと言われています。

    そして糖尿病は、高血圧との因果関係も深い病気です。
    高血圧は動脈硬化のリスクファクターであり、動脈硬化が進行すると脳血管疾患や心臓病のリスクも高くなります。
    成人病が中高年だけの病気ではない以上、若い人でも子供でも、このような病気を発症する可能性は高くあります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ